稲沢商工会議所では、「経営支援」の一環として、
経理・財務関係における記帳指導や輸出品の原産地証明、
容器包装リサイクル法に基づく再商品化委託申請業務、
労働安全衛生法に定める定期健康診断の実施などを行い、
会員事業所の皆様に対して、法定業務等のお手伝いをしています。

1 記帳機械化指導業務について

個人経営の小規模事業者を対象に、日々の売上げ等の収入、仕入、水道光熱費、消耗品、
ガソリン代などの経費を、簡単な帳面に記入していただくだけで、
記帳指導職員が会計ソフトに入力し、決算・申告書の作成や青色申告のご支援をいたします。

専従者・従業員の源泉徴収、年末調整、決算、確定申告、消費税の申告までお世話しますので、
忙しくて、時間のない方にピッタリです。

〇年間手数料
指導料     48,000円(税別・年額)※前期、後期の2回分割
決算料     4,000円(税別)
消費税決算料  2,000円(税別)

〇青色申告のメリット
・青色申告特別控除(最高65万円)が受けられる。
※記帳機械化利用者の方は、e-Taxでの申告を行いますので、65万円の控除の適用となります。
なお、電子帳簿保存については、令和4年度から当所でも導入を予定しております。
青色申告特別控除の詳細は、次のサイトでご確認できます。
【国税庁】青色申告特別控除

・家族従業員の給料が必要経費にできる。※別途手続きが必要になります。
・赤字が出た場合最長3年間、各年の所得から差し引くことができます。

2 原産地証明書の発行について

原産地証明書は、商工会議所が発行しています。
「原産地証明書」とは、取引の対象となっている商品が、
特定国・特定地域において生産され、製造され、または加工されたことを証明する書類です。
この「原産地証明書」が輸入国の取引事業者から求められるのは、主に、次の理由による場合です。

①輸入国の法規制で、輸入を禁じている国の産品ではないことを確認するため、
輸入事業者が国内(輸入国)で販売する際に表示する原産地を保証するなどの目的で、
輸入事業者から求められる場合。

②契約や信用状での指定、領事査証取得のための条件である場合に、
輸入事業者から求められる場合。
 

3 容器包装リサイクル法に基づく再商品化委託申請業務について

容器包装リサイクル法により「再商品化義務のある特定事業者」に該当する事業者は、
「容器」「包装」の利用量、容器の製造等の量に応じて、再商品化義務を負うことになっています。
この再商品化義務については、日本容器包装リサイクル協会に再商品化を委託し、
委託料を支払うことにより、再商品化義務を履行することができ、
再商品化の申込みを商工会議所が受け付けています。
 

4 労働安全衛生法に定める定期健康診断の実施

労働安全衛生法に定める定期健康診断を行い、事業所に働く人の健康維持、
福利厚生の一助に努めています。

【検査項目】
胸部X線、計測(身長、体重、腹囲、視力、肥満度)、血圧、聴力、
検尿(糖、タンパク)、血糖、貧血、肝機能、血中脂肪、心電図。

関連記事

新着記事

  1.  【社会貢献活動(SDGs含む)を応援します!】 社会福祉法人稲沢市社会福祉協議会では、 『地域…
  2. いなざわ事業者げんき補助金の申請をされ、 稲沢市から交付決定通知が届いた事業所さんで、 補助対象…
  3. 2020/10/13

    経営支援
    稲沢商工会議所では、「経営支援」の一環として、 経理・財務関係における記帳指導や輸出品の原産地証明…

公式フェイスブック

ページ上部へ戻る