稲沢市景況調査結果 令和5年度第3四半期【令和5年10月~12月】

令和6年1月の当所会報誌にてお願いをした「稲沢市景況調査」は、50社より回答がありました。
(製造業17社、建設業11社、卸売・小売業8社、サービス業7社、飲食業7社)
その結果をもとにDIを計算した結果が下表になります。

DI (景気動向指数) とは
『上昇・増加・好転・過剰』したとする企業割合から、『下降・減少・悪化・不足』したとする企業割合を差し引いた値。
※表中の矢印=5ポイント以上の推移を上下矢印で表し、5ポイント未満は横ばい矢印で表示した
※前期…令和5年7月~9月  今期…令和5年10月~12月  来期…令和6年1月~3月

全業種

DI名 前期調査 今期調査 来期予想
売上 7.8 ▲6.0 ▲14.0
在庫数量 ▲1.9 0 0
販売単価 35.3 26.0 20.0
仕入単価 84.3 84.0 74.0
収益状況 ▲37.3 ▲28.0 ▲30.0
資金繰り ▲19.7 ▲30.0 ▲26.0
従業員数 ▲37.3 ▲22.0 ▲30.0

原材料の仕入れ価格が高騰しており、利益率が下がっている。販売価格の引き上げを行うも追いついていない。(全業種)

各DIの業種ごとの予想についてはコチラをクリック
売上

前期調査と比べ、サービス業、飲食業は上昇、製造業は変化なし、他業種は減少であった。

来期予測は、飲食業は上昇、建設業は変化なし、他業種では減少の見通し。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 0 0 ▲11.8
建設業 55.6 ▲27.3 ▲27.3
卸売・小売業 37.5 ▲50.0 ▲62.5
サービス業 ▲20.0 14.3 ▲14.3
飲食業 ▲15.3 42.8 57.1

自動車業界の仕事量減少により、仕事の取り合いが激化している。(製造業)

在庫数量

前期調査と比べ、卸売・小売業は上昇、製造業、サービス業は変化なし、他業種は不足であった。

来期予測は、製造業は上昇、卸売・小売業は減少、他業種は変化なしの見通し。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 ▲9.1 ▲5.9 0
建設業 0 ▲9.1 ▲9.1
卸売・小売業 ▲12.5 25.0 12.5
サービス業 0 0 0
飲食業 7.7 0 0
販売単価

前期調査と比べ、製造業、サービス業、飲食業は上昇、他業種は低下傾向にある。

来期予測は、建設業、サービス業は上昇、他業種は低下する見通し。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 18.2 23.6 0
建設業 77.8 9.1 27.3
卸売・小売業 37.5 12.5 0
サービス業 10.0 42.9 57.1
飲食業 38.5 57.1 42.9

賃上げや原材料高騰のため販売価格をあげていきたいが、相見積で負けてしまう。(製造業)

仕入価格が上昇しており上昇分の7~8割の値上げにとどまっている。2~3割はコストダウン等により対応している。(製造業)

仕入単価

前期調査に引き続き全業種で高く上昇が続いているが、飲食店ではやや低下した。

来期予測は、全業種で引き続き高い水準で仕入単価の上昇が続く見通し。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 100.0 88.2 70.6
建設業 77.8 81.8 72.7
卸売・小売業 75.0 100.0 100.0
サービス業 70.0 57.1 57.1
飲食業 92.3 85.7 71.4

医療機関や保険薬局業界は2年に1度しか診療報酬の改定がない。仕入薬価のほか分包紙、容器など価格転嫁のできない材料も値上がりが続いており、医療業界ではインフレに追いつくのが難しい環境である。(小売・卸売業)

収益状況

前期調査と比べ、製造業、サービス業、飲食店は増加。他業種は減少した。

来期予測は、建設業が上昇、製造業・飲食業は変化なし、他業種では悪化の状況が続く見通し。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 ▲72.7 ▲35.3 ▲35.3
建設業 11.1 ▲36.4 ▲27.3
卸売・小売業 12.5 ▲37.5 ▲50.0
サービス業 ▲50.0 ▲28.5 ▲42.8
飲食業 ▲61.5 14.3 14.3

仕入単価の上昇により、利益率がジワジワとさがってくると思われる。全従業員一丸となって経費削減に努める。(建設業)

資金繰り

前期調査と比べ、全業種で悪化傾向にある。

来期予測は、全業種で依然厳しい状況が続く見通し。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 ▲27.3 ▲47.1 ▲35.3
建設業 0 ▲27.3 ▲18.2
卸売・小売業 12.5 ▲12.5 ▲12.5
サービス業 ▲20.0 ▲28.5 ▲42.8
飲食業 ▲46.1 ▲14.3 ▲14.3
従業員数

前期調査と比べ、全業種で不足の状況が続く。

来期予測は、製造業、サービス業は横ばいの見通しだが、引き続き厳しい状況が続く。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 ▲45.5 ▲5.9 ▲5.9
建設業 ▲66.7 ▲27.3 ▲45.5
卸売・小売業 ▲25.0 ▲25.0 ▲37.5
サービス業 ▲30.0 ▲42.8 ▲42.8
飲食業 ▲23.1 ▲28.6 ▲42.9

生産性向上のため事業再構築補助金を活用し工作機械を購入した。(製造業)

収益減少、物価高騰により、人材削減の検討中。(製造業)

関連記事

新着記事

  1. 令和6年1月の当所会報誌にてお願いをした「稲沢市景況調査」は、50社より回答がありました。 (製造…
  2. 新入社員セミナーを開催します! 当所では、4月入社予定の新入社員(中途採用の方も可…
  3. 稲沢商工会議所にて令和5年度に実施した「働き方改革推進支援事業」の事業報告を下記のページにてご紹介し…

公式SNS

 


友だち追加

ページ上部へ戻る