稲沢市景況調査結果 令和4年度第3四半期【令和4年10月~12月】

令和5年1月の当所会報誌にてお願いをした「稲沢市景況調査」は、98社より回答がありました。
(製造業27社、建設業12社、卸売・小売業12社、サービス業38社、飲食業9社)
その結果をもとにDIを計算した結果が下表になります。

DI (景気動向指数) とは
『上昇・増加・好転・過剰』したとする企業割合から、『下降・減少・悪化・不足』したとする企業割合を差し引いた値。
※表中の矢印=5ポイント以上の推移を上下矢印で表し、5ポイント未満は横ばい矢印で表示した
※前期…令和4年7月~9月  今期…令和4年10月~12月  来期…令和5年1月~3月

全業種
DI名 前期調査 今期調査 来期予想
売上 ▲36.6 ▲9.2 ▲17.4
在庫数量  1.7 2.1 0
販売単価 1.6 18.4 13.2
仕入単価 68.3 71.4 69.4
収益状況 ▲55.0 ▲39.8 ▲38.8
資金繰り ▲41.7 ▲22.5 ▲26.6
従業員数 ▲25.0 ▲21.5 ▲23.5

物価上昇と賃上げ要求のダブルパンチで資金繰りが厳しい。(全業種)

各DIの業種ごとの予想についてはコチラをクリック
売上

前期調査と比べ、サービス業は横ばい、他業種は増加であった。

来期予測は、サービス業・飲食店は増加、製造業・建設業・卸売・小売業は減少を予測。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 ▲11.1 26.0 ▲11.1
建設業 ▲50.0 ▲16.7 ▲50.0
卸売・小売業 ▲63.6 ▲41.6 ▲50.0
サービス業 ▲15.0 ▲15.8 ▲2.6
飲食店 ▲60.0 ▲33.3 ▲11.1

当店をご予約されるお客様が増えておりやや回復傾向にある。物価高騰の影響も予想され先が見通せない。(サービス業)

在庫数量

前期調査と比べ、サービス業・飲食店が過剰、卸売・小売業は横ばい、製造業・建設業は不足であった。

来期予測は、建設業は過剰、製造業・飲食店は横ばい、卸売・小売業・サービス業は不足を予測。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 22.2 0 3.7
建設業 ▲10.0 ▲16.7 ▲8.3
卸売・小売業 9.1 8.4 0
サービス業 0 5.3 ▲2.6
飲食店 ▲10.0 11.1 11.1
販売単価

前期調査と比べ、建設業・サービス業・飲食店が上昇、製造業・卸売・小売業は低下であった。

来期予測は、サービス業・飲食店は横ばい、他業種は低下を予測。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 55.6 44.4 33.3
建設業 ▲30.0 50.0 41.7
卸売・小売業 ▲9.1 ▲25.0 ▲33.3
サービス業 ▲5.0 2.6 2.6
飲食店 10.0 22.2 22.2
仕入単価

前期調査と比べ、飲食店は横ばい、建設業は減少、他業種は上昇であった。

来期予測は、製造業は減少、他業種は横ばいと予測。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 77.8 88.9 81.5
建設業 100.0 91.7 91.7
卸売・小売業 45.4 58.4 58.4
サービス業 45.0 50.0 50.0
飲食店 100.0 100.0 100.0

物価高騰による影響がでてきている。また、卵や乳製品の急激な値上がりもあり苦しい。(飲食業)

→JA全農たまご名古屋での1kgあたりMサイズの取引価格は、昨年の11月には245円、同12月には305円と上昇した。

今年1月には310円、2月20日には350円と高値となっている。飼料価格の上昇に加え、今シーズンにおける鳥インフルエンザによる採卵鶏の殺処分数は1000万羽を超えた。

収益状況

前期調査と比べ、建設業・卸売・小売業・飲食店は増加、サービス業は不変、製造業は低下であった。

来期予測は、サービス業・飲食店は増加、製造業は不変、建設業・卸売・小売業は減少の予測。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 ▲33.4 ▲40.8 ▲37.0
建設業 ▲60.0 ▲41.7 ▲58.3
卸売・小売業 ▲81.8 ▲33.3 ▲58.3
サービス業 ▲35.0 ▲36.8 ▲26.3
飲食店 ▲80.0 ▲55.6 ▲44.5

業界全体の受注件数は減少しているにもかかわらず、(廃業等による事業者減少のため)仕事量が増えるという逆転現象が起きている。請負価格の据え置きも続き、収益圧迫による廃業がさらに増える可能性がある。(建設業)

資金繰り

前期調査と比べ、製造業・卸売・小売・サービス業は改善、飲食店は不変、建設業は悪化であった。

来期予測は、建設業は改善、卸売・小売業・飲食店は不変、製造業・サービス業は悪化の予測。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 ▲55.6 ▲18.5 ▲25.9
建設業 ▲20.0 ▲33.3 ▲16.7
卸売・小売業 ▲45.5 ▲33.3 ▲33.3
サービス業 ▲35.0 ▲10.6 ▲21.1
飲食店 ▲60.0 ▲55.6 ▲55.6
従業員数

前期調査と比べ、建設業・卸売・小売業は改善、製造業・サービス業は横ばい、飲食店は不足であった。

来期予測は、飲食店は不足、他業種は横ばいの予想。

業種名 前期調査 今期調査 来期予想
製造業 ▲33.3 ▲29.6 ▲33.3
建設業 ▲50.0 ▲33.3 ▲33.3
卸売・小売業 ▲18.2 ▲8.3 ▲8.3
サービス業  ▲20.0 ▲15.8 ▲15.8
飲食店 ▲10.0 ▲22.2 ▲33.3

人材不足により募集をかけても集まらない。初任給を引き上げる予定。(製造業)

関連記事

新着記事

  1. 令和6年1月の当所会報誌にてお願いをした「稲沢市景況調査」は、50社より回答がありました。 (製造…
  2. 新入社員セミナーを開催します! 当所では、4月入社予定の新入社員(中途採用の方も可…
  3. 稲沢商工会議所にて令和5年度に実施した「働き方改革推進支援事業」の事業報告を下記のページにてご紹介し…

公式SNS

 


友だち追加

ページ上部へ戻る